4年親子学P活動 ふるさと郡中再発見!

11月30日に、4年生は、生涯学習センターの先生をお招きして、郡中の歴史を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 郡中には、「イケカン」と呼び親しまれていた大きな焼き物工場があったこと。ロープウェイ(索道)が郡中駅から内子や広田村まで通っていて、銅鉱石を運び出していたこと。八幡池などは、大谷池よりも古く、400年前に郡中の人々が造った古い池であること。大正時代には、八幡池の水を抜いて運動会をしていたと聞いてびっくり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お話を聞いた後、当時、池の工事で使っていた「いのこ石」を運動場に出て体験しました。